2013年05月21日

ストウブ

bowmoriです。

数ヶ月前にネットでセールをしていたので思わず買ってしまったお鍋「ストウブ」
フランスのアルザス地方のお鍋です。
image/2013-05-21T23:30:46-1.JPG
フランス料理教室の先生が使っているのを見て、すごくいいな、と思っていました。
image/2013-05-21T23:34:42-1.JPG
このお鍋の特徴はフタに小さな「ピコ」というブツブツが付いています。

Wikipediaより↓↓
フラットで重たいフタの裏には、たくさんのピコ(突起)が並んでいる。鍋にフタをして熱すると、食材の持つ水分が蒸発し、水蒸気になる。これが鍋の中で対流し、蒸すような感じになる。やがて水蒸気はフタ裏のピコをつたって滴となって落ちる。そのおかげで食材に水分がまんべんなく行きわたる。自動的に蒸発→凝縮→水滴化のサイクルが繰り返される。これにより、素材のもつ水分や旨みを逃がさず、ふっくらしっとり仕上げることが可能となる。

29cmは大きいかな、と思ったけど、男子3人が(私も)たくさん食べるので、けっこう使えます!!
image/2013-05-21T23:22:43-1.JPG
ご飯を炊いたらおこげがすごくきれいに出来る!!
今日もツナの炊き込みご飯を作りました(^з^)-♪
image/2013-05-21T23:23:22-1.JPG
posted by 本昌寺 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68110455
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック