2013年01月25日

馬頭琴演奏会

bowmoriです。

今日は小学校で「馬頭琴」の演奏会がありました。
馬頭琴とはモンゴルの伝統的な弦楽器です。
演奏者は日本人の方です。馬頭琴は「スーホの白い馬」で知っていましたが、どんな音が鳴るのか聴いたことがなかったので、すごく興味がありました。
言葉では表現しにくいですが、すごく優しいかんじの音でした。
モンゴルの草原を表したり、馬の蹄を表した曲など、たくさん演奏されました。
あとホーミーという独特の喉を使った笛のような歌も歌われました。
すごく不思議な雰囲気でした。。
演奏者の方のモンゴルでの写真を見ながらモンゴルの相撲や遊牧民、モンゴル人の性格までいろんなお話をされて、すごく楽しい演奏会でした。写真が撮れないのが残念でした〜〜ふらふら

http://www.khoomiiman.info/japanese/morin_khuur.html
馬頭琴とホーミー(岡林立哉さんのHPより)

posted by 本昌寺 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小学校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61722870
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック