2011年03月03日

引千切(ひちぎり)

bowmoriです。

今日は木曜日、お稽古の日でした。毎年この雛祭りの時期にお茶会の練習のようなお稽古が行われます。
亭主役(お手前をするひと)、半東役(亭主の補佐)、お正客役(最初のお客さん)などになって、本当のお茶会のような会話をしたりしてお稽古をします。
お道具も雛祭りにふさわしいお茶碗や、
image/2011-03-03T21:47:13-1.jpg
ふた置きも
image/2011-03-03T21:47:48-1.jpg
五人囃子柄(かわいいるんるん
が、使われていました。
お菓子は引千切(ひちぎり)という京都の雛祭りのお菓子です。
image/2011-03-03T21:45:57-1.jpg
引千切の説明文↓(拡大して読んで〜)
image/2011-03-03T21:50:41-1.jpg
昔、宮中で女の子の幸福を願って作ったというお菓子。忙しくて丸める時間がなくて引きちぎったのが由来とか。。。
雛祭りの宮中の厨房ってそんなに忙しかったのかな〜〜??引きちぎってお餅を作るなんて斬新!
でもとにかく京都の雛祭りにはかかせない和菓子だそうです。

今日の着物は、今年いちばん出番が多いアンサンブル。なぜ多いかというと寒すぎてアンサンブル以外着る気が起きないモバQ
image/2011-03-03T21:50:10-1.jpg

帰りに生鮮館なかむらに寄ってはまぐりとちらし寿司用のお刺身、菜の花を買いました。
image/2011-03-03T21:49:21-1.jpg





posted by 本昌寺 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43671561
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック