2011年01月13日

花びら餅

bowmoriです。

今日は木曜日、お茶とお花のお稽古の日でした。今年初稽古です。

今日のお菓子は
image/2011-01-13T15:02:12-1.jpg
花びら餅

花びら餅とは、京都でお正月にだけいただく伝統の御菓子の一つで、柔らかいお餅に京都のお雑煮に見立てた白味噌のあんをごぼうと共に求肥で包んであるお菓子です。

ごぼうを包むのは、裏千家初釜の「菱葩(ひしはなびら)」を菓子化したものであるからだと言われています。「菱葩」は丸く平らにした白餅に、赤い小豆汁で染めた菱形の餅を薄く作って上に重ね、柔らかくしたふくさごぼうを二本置いて、押し鮎に見立てたものです(鮎は年魚と書き、年始に用いられ、押年魚は鮨鮎の尾頭を切っ取ったもので、古くは元旦に供えると『土佐日記』にあります)。

初めて見たときは、なんて滑稽なお菓子なんだ目と、思っていました。だって、お餅に白味噌味のあん自体びっくりするのに、ごぼうがはさまっているなんてあせあせ(飛び散る汗)
実際食べてみても、本当に美味しいのかどうか、疑問、、、
でも縁起物なんでしょう。。

そういえば、いま武者小路千家さんでは初釜をやってらっしゃるらしいです。
善行院に行く途中きれいな訪問着を着たお嬢様方がたくさん歩いていらっしゃいましたぴかぴか(新しい)
posted by 本昌寺 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42548338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック