2016年04月20日

降誕図を開帳しました。

涅槃図を片付け、花まつりは終わりましたが「釈迦降誕図」を開帳しました。
涅槃図と同様、真ん中にお題目が書かれてあり、とても珍しいものです。
今月いっぱい公開してます。
no-title

no-title
釈尊は紀元前5・6世紀(約2500年昔)の4月8日に、釈迦族の王子(悉多太子)として生まれました。
兜率天という天上界から、白象となって母摩耶夫人の胎内に入り、受胎したといわれています。
また臨月の摩耶夫人は、出産のため実家に帰る途中、清らかな池や美しい花が咲き乱れているルンビニー園に立ち寄り、無憂樹の花をとろうとしたとき、太子が右脇から誕生したと伝えられています。
no-title
誕生してすぐに7歩進み、右手で天上を、左手で大地を指さして「天上天下唯我独尊」(天上にも天下にもただ我のみ独り尊し)と言いました。

no-title
誕生を祝福するかのように、天から冷暖の雨が太子の頭を濡らしたと伝えられています。

no-title

no-title
posted by 本昌寺 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174983446
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック