2016年09月23日

クローズアップ現代「0葬」特集について

一昨日放送されたNHK「クローズアップ現代」という番組で「0葬」特集というのをやっていました。

0葬とは、、、
「家族が葬儀もせず、遺骨も引き取らず、お墓も作らないこと」を一部の業界では「0葬」と呼ぶ。

これ本当に流行りだしたらお寺いらなくなるんじゃね?笑

実際は冗談を言ってられない立場ですが。。。たらーっ(汗)
亡くなった家族の遺骨の行き場がなく、遺骨を預かってくれる葬儀会社やお寺に一時的に預かってもらうというのが増えているそうで。。。
いろんなパターンの方がおられるようですが、建てたくても経済的にお墓を建てられなくて遺骨を一時的に預かってもらっている方や、何十年前に憎しみながら離婚した配偶者が亡くなり、世話をするひとが他にいないので、自分が預かっている、とか。。。

本昌寺でも遺骨を預かって連絡の取れなくなった方がいたり、立派なお墓があるにもかかわらず亡くなった家族の葬儀もせず、納骨もせず、音信不通、、、など。
お寺という現場に十数年いますが、いろんなパターンで昔はなかったであろう事態が出てきています。
個人的には「自分を育ててくれた親をこんな扱いして!」と怒りたい気分になるのですが、ひとそれぞれの事情もあり、どんなパターンにも対応できるよう準備しておくことがこれからのお寺の役目なのかな、、と思ったりします。
しかし、自分が死んだあとに子ども達が私の遺骨を知らない葬儀会社に預けて行方不明にならないよう、しっかり子育てしないとな、と思いました。笑

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3865/1.html
posted by 本昌寺 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺