2016年05月23日

お寺葬 1Day セミナー

今日、未来の住職塾などお坊さんを対象に講座などをおこなわれている 一般社団法人「お寺の未来」さん主催の1日だけのセミナー「お寺葬」に行ってきました。
本来住職が行くつもりで申し込んでいたのですが、法務で行けなくなったので、代理で私が行くことになりました。宿題もあり、いろいろと予習して行ったのですが、結局子どもの送り迎えがあったので、最後までいられなくて途中退散してしまったので、とても残念でしたふらふら
今日のテーマは「お寺での葬儀」。
お坊さんであり、葬儀社さんでもあるという方が講師をされていました。
現在、お葬式は葬儀社が主導権を握って、お坊さんは戒名をつけ、読経するだけ、というパターンがほとんどです。ほとんどのお坊さんが、そろそろ主導権をお寺側に返してもらおう!という気持ちです。全国的にもこの「お寺葬」増えているようで、素晴らしいと思いました。
本昌寺では表の葬祭場で、葬儀社さんが毎日のようにお葬式をされていますが、それとは別に、お寺の本堂でお寺が主催した葬儀が出来たら、と思っていました。それによって檀信徒さんにとっては、コスト削減にもなるし、お檀家さんとの関係も深まるし、会館とは違うお寺ならではの葬儀ができることが予想されます。

いつもセミナーを受けて思うことは、やはりいちばん大事なのは檀家さんとのコミュニケーションであるということです。ふだんから人間関係を作っていれば、実際ご家族が亡くなられたら、まず葬儀屋さんに電話されるのではなく、お寺に電話してきてくれるでしょう。

いろいろと事例などを聞いてディスカッションする場があったのですが、残念ながら講義を聞いたところで帰ってしまったのでどんな意見が飛び交っていたのか気になるところです。
思いがけない斬新な意見が出ていたなら聞きたいですが、、たらーっ(汗)

今日受けたセミナーの内容を少しでもこれからのお寺の活動に生かせたら、と思っています。

それにしても東本願寺までの自転車、暑かったあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

no-title
posted by 本昌寺 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺