2016年03月30日

立本寺公園が!

昨日本山立本寺の境内にある公園「仁和公園」が介護施設になるという話の説明会に行ってきました。
立本寺はうちから歩いてすぐ、一番近い日蓮宗の本山でもあり、その公園も一番近い公園です。
子供たちが小さいころはよくベビーカーでお散歩に行ったり、遊具で遊ばせたりして、いまでも友達が来たら遊びに行っている公園です。
その公園が廃止になり、そこに民間の介護施設が建つということです。
説明会には公園担当の市役所の方や立本寺から三木上人などが来て説明されていました。
一方、聞く側は、この地域の方々で、中でも有志が集まり「立本寺仁和公園を愛する会」が発足され、その方々がかなり頑張って反対されているようでした。
立本寺さんは長い間考えられないくらいの安価な金額で京都市に土地を公園として貸しておられたようで、また、本山は檀家さんがいないので普通のお寺さんのような葬儀や法事などのお布施の収入がない、ということなどなど、いろんな説明が丁寧に分かりやすくされていました。
簡単に言えば収入が少ないので老朽化した建物や宝物などの修繕が出来ない、という現状とのことです。
確かに、本堂もかなり立派で、鬼子母神堂や祖師堂なども境内にありますが、かなり老朽化しています。
うちの小さなお寺でさえ八幡堂の瓦を修復するのにかなり大変ですが、本山の中にあるお堂はもっと立派ですので、もっともっと大変(お金がかかる)のだと思います。
そこで民間の介護施設に土地を貸して収入を得て、建物の修復をしていく、ということのようです。
京都市の方も立本寺の方も公園を潰したい、と思っているひとは一人もいない。
でもこのままでは本山を維持管理経営(?)して行くのは難しいということ。
代替えの公園を作るそうですが、
no-title
太線の中が新たに公園になるスペース。
施設の建物が大きいため、本堂のギリギリのところまで代替えの公園にされるみたいであせあせ(飛び散る汗)
本山側も苦渋の選択だったのだな、、と考えさせられました。
結局反対側の方々の質問が多すぎて6時半から始まった会が11時も過ぎてしまい、結論出ず、まだまだ続きそうなかんじでした。
私はもちろん公園は潰して欲しくはないですが、お寺の人間として本山側の意見も本当によく分かるし、、たらーっ(汗)
説明されていた三木上人、本当にお疲れだと思いますあせあせ(飛び散る汗)
まだ結果は出てはいませんが、なんとかそれぞれの皆さんが納得いく方向に丸く治って欲しいと切に思います。

bowmoriでした。
posted by 本昌寺 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本昌寺かいわい